2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

近況 

こんにちは
ブログの方はお久しぶりです。

すっかりご無沙汰しておりますが、元気にやってます。
4月の半ばから一人暮らしを始め、生活環境が大きく変わったため、TWの方は殆どやっていません。
飽きたわけではないということだけは一応主張しておきます。

元気といいましたが、実は3ヶ月の間に二度も食中毒になったり、また単純に食事量が減ったこともあり、
体重が4月から9キロも落ちてしまいました。
今は復調し2キロほど取り戻しましたが、自分で見ても明らかに痩せました。

ちなみに、二回とも飲み屋で提供している鳥の刺身が見事に命中しました。
食中毒はもちろん、生の鳥を食べること自体も初めてで、ウマイウマイと食べてたら地獄を見ました。
鳥の生食はポピュラーな割にとても危険なんだとか。
某ユッケ事件以降、鳥の生食による食中毒患者が近年急増していると、医者に言われました。
いわゆる、カンピロバクターというやつです。

ただ、大丈夫な人は大丈夫みたいで、一緒に食べた人たちは何ともなかったみたいです。
それどころか、今までその店で何度も食べてたそうな。
関西人は屈強な胃の持ち主ということを思い知らされる事件でした。

二回目は、厳密に言えば軽く火を通しているささみだったんですけどね、ダメでしたね。
職場の先輩に
「これは流石に大丈夫!俺何十回もこれ食べてるから!」
と言われて、頑なに断るのもアレだなと思い、軽く食べたら、ダメでした。
職場の先輩には謝られました。
ボクもやっぱり断るべきでした。

学生の頃ならせいぜい単位を落として自業自得で終わる話ですが、会社に入るとそうはいかないので…
全くノーマークだった方向から社会人としての自覚を考えさせられました。

残暑の季節になりましたが、皆さんも健康にはお気をつけて。
スポンサーサイト
[ 2016/09/12 00:22 ] リアル | TB(0) | CM(0)

白鵬の「変化」はなぜいけなかったのか? 


こんにちは
今回はボクの趣味である相撲観戦について、思うところがありましたので記事にさせて頂きます。
横綱の品格大相撲とプロスポーツの違いという観点から、先日優勝を果たした白鵬の相撲について考えていきたいと思います。

「相撲にはあまり興味ないけど、どうして白鵬があんなに責められなければいけないの?」
「立ち合い変化がいけないことなら、ルールで禁止にすればいいんじゃないの?」

という風に考えている方に、少しでも大相撲独特の考え方を伝えることができたら幸いです。


1.白鵬が見せた「変化」

先日、大相撲春場所において横綱白鵬が14勝1敗の成績で優勝しました。
今場所の優勝争いは千秋楽(15日間の最終日)を迎えた時点で

1位 白鵬 13勝1敗
2位 稀勢の里  豪栄道 12勝2敗

以上3人に絞られる展開になっておりました。
そして千秋楽は白鵬が同じ横綱の日馬富士(9勝5敗)と、2敗の二人が直接対決という組み合わせになりました。

この場合、それぞれ考えられる優勝パターンは次の4通りです。

白鵬が優勝
その1→本割で日馬富士に勝つ(決定戦はなし)
その2→本割で日馬富士に負け、優勝決定戦で稀勢の里or豪栄道に勝つ

稀勢の里が優勝
本割で豪栄道に勝ち、優勝決定戦で白鵬に勝つ

豪栄道が優勝
本割で稀勢の里に勝ち、優勝決定戦で白鵬に勝つ


つまり、白鵬がかなり優勢であるといえます。
他にも優勝回数、決定戦出場回数など、どれを取っても経験豊富な白鵬が圧倒的に有利な状況でした。

また、千秋楽の相手である日馬富士は肘と膝を痛めており、終盤は横綱土俵入りで満足に四股も踏めない満身創痍の状態です。

そのため、恐らく大方の相撲ファンは決定戦を願いながらも、ほぼ間違いなく白鵬が本割で優勝すると思っていたはずです。
「せめて、日馬富士が意地を見せて最後に横綱同士の見応えある相撲を取ってくれれば」と。


果たして、勝負は白鵬が立ち合いで右手を出して(フェイント)から左に変化するという、横綱らしからぬ相撲で勝利しました。
千秋楽結びの一番、その場所最後の相撲(決定戦は本割に含まれない)としては、何ともあっけない幕切れです。

当然、熱戦を期待したお客さんの不満は大きく、館内はブーイングの嵐でした。

さて、ここで本題に入ります。


2.「変化」はずるい?


お金を出して見に来た人にとっては、せっかくの大一番を台無しにした白鵬に納得がいきません。
とはいえ、立ち合いで変化するいわば「注文相撲」は、別にルールで禁じられている訳ではありません。
実際に

「あっさりやられた日馬富士も悪いのでは?」
「日馬富士もよく変化するじゃん」


と指摘されている方が少なからずいらっしゃいました。

特に、前者のコメントについてはボクも普段は賛同する立場にあります。




これは去年の秋場所14日目、やはり2敗で優勝争いのトップにいた横綱鶴竜が、3敗で追いかける稀勢の里に対し立ち合いの変化を2度に渡って行った(一度目は不成立でやり直し)相撲です。
こちらの動画のコメント欄にて、この一番に対する自分の見解を述べさせて頂いております。(※投稿者:ラースケ)
ぜひ、ご一読ください。

上記の動画でコメントしたように、最近の力士は注文相撲をあっさり喰らいすぎだという印象は拭えません。
一昔前までは、もちろん変化で決まる相撲もたくさんありましたが、変化を堪えて逆襲する相撲も少なからずありました。
しかし、今では「変化で墓穴を掘る」ことが全くといっていいほどありません。やったもん勝ちです。


ただ、注文相撲というものはいわば「飛び道具」です。
無差別級の大相撲において、体の小さい力士が大きい力士と渡り合うために用意された駆け引きのようなものです。
一度見せておけば、次からは迂闊に相手も全力で踏み込んでこれない、そういうものです。
また、今までは実力で明らかに劣る下位の力士が、本場所の取組で何とか横綱に勝つために変化することが多かったのですが、これが最近では全く逆の状況になっています。

白鵬の立ち合いを見ていると、実に気持ちよく、変化される心配など微塵もなく踏み込んでいますよね。
せいぜいナーバスになるのは稀勢の里とやる時ぐらい。
一番強い力士が思い通りの立ち合いをしてきたら、そりゃあ勝てませんよ。

注文相撲の番数そのものは昔とそう変わらないと思いますが、横綱に対して変化する力士が少なくなったことは間違いないと思います。


少し話題が逸れましたが、なぜ横綱が変化するのがずるいのかと言われると

「そんなことをしなくても勝てる力があるから」

と答えるのが一番適当だとボクは考えています。


特に白鵬の場合は現在の三横綱の中でも圧倒的な実績を誇り、体格的にも十分に恵まれています。(192cm 155kg)
がっぷり四つに組みとめた時の力が本物であるということは、多くのファンが知っているのです。





この一番がその最たる例ですね。
多くのお客さんが白鵬に求めているのはこういう相撲なんです。
だから「(小兵や未熟な力士がやるような変化で勝つなんて)ずるい!」という風になるわけです。

上のような相撲は、鶴竜にも日馬富士にもできない、白鵬にしかできない相撲です。

だからといって鶴竜や日馬富士が変化しても良い理由にはなりませんが、少なくとも事の重大さが違います。
両力士には失礼ですが、同じ横綱でも白鵬はやはり別格の力士だと言わざるを得ません。

また、今場所でいえば豪栄道も格下に対して変化していましたが、これはもう、比較にもなりません。
言葉は悪いですが、せいぜい「そんなんだから優勝できないんだよ」という風に見られておしまいです。

それまで35回も優勝している横綱がやったからこそ、これだけ反響が大きかったというわけですね。


また、今回の白鵬の件がまずかったのは「日馬富士は満身創痍だった」ということです。
横綱があの状態で休場を選択しなかったことに対する是非はまた別の話として、とにかく日馬富士は千秋楽の土俵に上がったわけです。
もちろん、出る以上は何とかして勝ちにいかなければなりません。
元気な時でも胸が合うと詰んでしまう相手ですから、日馬富士としては立ち合いの出足で絶対に先行する必要がありました。
これはもう前提条件で、今場所だったらそれでもまだ7:3で白鵬が優勢と見てもいいぐらい、日馬富士は不調でした。

だから、あの一番に関してだけは全面的に白鵬が悪かったとボクは思っています。

あれが例えば相星決戦で、日馬富士が絶好調だったのであれば、まだ「勝負の綾」と諦めることもできました。
(それでも高いお金を払って見に来たお客さんは怒っていいと思いますが)
しかし、今回は万が一あそこで負けたとしても決定戦があったわけですから、やはりあの変化は「最悪」と言わざるを得ません。


3.横綱とは?


相撲を知らない人が誤解しがちなことですが、横綱はチャンピオンではありません。
勝ち続けなければならない上に、勝ち方にまでこだわる必要があるのです。

ここはゲームブログなので、失礼を承知でゲームに例えると、横綱はある意味「縛りプレイ」を公然と求められているのです。
変化なし、猫だましなし、相手の立ち合いを受け止めてから勝つ…
一般的な感覚からすると理不尽ともとれるようなレベルの「縛り」ですが、それこそが興行である大相撲の頂点たる横綱の定めなのです。

そして、ふさわしい相撲が取れなければ引退しなければならない。
なぜなら、横綱はどんなことがあっても降格することはないからです。

大関までだったら、他のスポーツだったら、その地位に見合わない者は番付(ランキング)を落とすだけです。
しかし、横綱はどんなに衰えても土俵に立ち続ける限り横綱でなければなりません。

これが他のプロスポーツと大きく異なる部分です。

他の競技であれば教室を開いてコーチ業で稼ぐこともできるかもしれませんが、大相撲はとにかく本場所へ客が足を運んでくれないと成り立ちません。
だから、力士もよくインタビューで「お客さんが喜ぶ相撲を取りたい」と答えることが多いのです。
スポーツとは根本的に勝ち負けの価値観が違います。

ゆえに、ルールで禁じられてもいない変化で勝った「だけ」で、あれだけ非難されてしまう。

もしあの時、変化以外で勝つことができなかった(衰えた)のであれば、それはもう横綱にふさわしくないと自分で言ってるようなものです。
しかし、個人的にそうは思いませんでした。
組みとめても十分に勝つ力はあるのに、逃げて勝った。そう見えたから、猛烈に非難しました。

さらに、正にダメ押しだったのが涙を見せた表彰式の後のコメントです。

「稀勢関も変化があったから、これで文句は言われないでしょう」

これは間違っても言ってはいけませんでした。
仮にも双葉山、大鵬への憧れを口にする横綱が、格下の力士がやったことを引き合いに自分を正当化するとは…

そもそも、あの一番こそ「あっさりやられた琴奨菊が悪い」取組であり、まず、変化ですらありません。

性質としてはちょうど一年前の15年春場所に、白鵬自身が稀勢の里に勝った一番と同じです。
あれも「白鵬が変化した」と言われていましたが、どちらも誤りです。変化ではありません。


また、元朝青龍がTwitterで何やら言ってましたが、あの方は07年春場所に千秋楽の結びで変化して優勝決定戦に進出した直後、今度は自分が白鵬に変化されて負けて

「上を目指す人間としてはよくないんじゃないか。精いっぱい当たってきてほしかったな」 (※当時の日経新聞より)

という切れ味鋭いブーメランを放つような人間なので、真面目に取り合うだけ無駄です。



とにかく、興行としてはボクが観戦してきた20数年の中でも1、2を争うぐらいひどい場所でした。
久しぶりに終盤まで稀勢の里がいい相撲を取っていただけに、余計に残念です。



さて、色々と脱線してしまいましたが、以上が自分の所感です。
長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。


[ 2016/04/03 23:46 ] リアル | TB(0) | CM(0)

頑張れ自分、頑張れ受験生 


こんばんは
気付いたら年の瀬が迫ってきております。

まずはクリスマス、いかがお過ごしになられましたか?
唐突ですが、ボクはこの前フラれてしまいまして、クリスマスを前にして実は憂鬱なジンジャーマンと化していました。

まあ、なんというか
人と付き合う難しさを、改めて勉強させて頂きました。    って強がれるほどの余裕はないのですが


そういう訳で
パズドラでもクリスマスソングが流れていまして、こう、なんというか    うん。
気付いたらアテナちゃんがハイパーになっていましたね。

ちなみに、ランクはこの記事を更新現在362まで上がりました。
年内スタミナ200(ランク367)には何とか間に合うのかな?といった感じです。今じゃあんまり意味ないですが

とりあえず、次は光カーリーをハイパーにしようかなと思っております。



そしてそして、クリスマス…大晦日…とイベント目白押しですが
何といっても受験生の諸君はいよいよセンター試験が迫ってきましたね。
そこの君、ゲームなんてしてる場合じゃないですよ!


受験される方は、頑張って下さい。
模試の結果があまりよくなくても、諦めずに、しかし構えすぎずに臨んで下さい。


自分の受験を振り返ると
ボクは英語が大の苦手でした。文系受験で英語が苦手っていうのはもう致命的です。
マーク模試なんかでは最後まで160~170ぐらいをうろついてました。

そこで、本番一ヶ月前に荒療治として取り入れた駿●のセンター予想問題集をやってみたところ、一気に解けるように!


なる訳がありません



●台って、エグいんですよ。
まず模試がアホみたいに難しいんですけど、それどころかフツーに売ってる問題集でも難しいんですね。
本番一ヶ月前なのに、130点とか、よくて140点そこそこしか取れないんですよ。もうメンタルボロッボロです。
本当に、涙も枯れてヘンな笑い声が出てきましたね。



そして、迎えた本番ですよ。
散々な目にあって「もう英語はしゃーない」ぐらいの開き直りでいったら、どれぐらい取れたと思います?


183点ですよ。


英語嫌いの自分が。

もう、はじめに後ろの長文から解くんですけど、チョロいんです。
模試ではいつも時間ギリギリで、その度に「早く解かなきゃ」って焦って逆に集中出来なかったんですけど、その時は全く時計に気を取られることがありませんでした。開き直りパワーですね。


あとは、結果的に駿●の問題集が本当に荒療治になっていたところがあると思います。
リサーチによる平均点は例年並でしたので、簡単に感じたのは完全に気のせいです。
恐らく「神殿で狩った後シオカン行ったらやたら弱く感じた」現象ですね。


人間バカなので、慣れます。
模試でいつも5分ぐらいしか余らず見直しなんて到底出来なかったのが、その時は15分余りました。
どうしてもニガテな分、文法や発音のところで落としてしまいましたが…

当時のボクみたいにこの土壇場で苦手な教科に苦しんでいる方は、一ヶ月の絶望を差し出すのもアリかもしれませんよ!


オススメはしません



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



長くなりましたが、当時のことを思い出したら
「あの頃に比べたら…」
と、痛々しいポジティブ思考が湧いてきたような気がします。YATTA!


最後までお付き合い頂きありがとうございました。
[ 2014/12/26 03:53 ] リアル | TB(0) | CM(0)

相撲のおはなし 

大相撲春場所で14勝1敗の成績を挙げた大関の鶴竜が、横綱に推挙されました。
初場所の中盤から立会い低く踏み込んで主導権を握る相撲が型にはまり、二場所連続の14勝。今場所も尻上がりに調子を上げていき、白鵬と日馬富士の二横綱に完勝するなど、力強さが際立っていました。
一昨年の春に大関に昇進して以降、その責務を果たさなければならないという気持ちが先行してか、星勘定に囚われる小さな相撲ぶりに見ていて非常にヤキモキしましたが、漸く本来の自分を取り戻したように見受けられます。
そのため、昇進についても昨年まで10勝がやっとという成績を不安視する声も少なからずありましたが、鶴竜の場合それは完全にメンタル=「心」の問題であり、相撲のうまさ=「技」、実力は当時から『横綱筆頭候補の』稀勢の里以上のものがあったと僕自身は感じています。そこに「体」が加わったことで「心」が充実し、ついに綱を極めたという、むしろ、相撲における最も重要な「心・技・体」という三位一体の要素が整った一番良いタイミングでの昇進だったのではないでしょうか。

鶴竜はこの一年で本当に体が大きくなりました。
大関昇進時は細身でどうしてもパワー不足を技術で補うところがありましたが、昨年から10キロもの増量に成功したことより、立会いから一直線に相手を持っていく力強さが加わりました。
それもただ体重を増やすのではなく、強靭で柔軟な筋肉を伴った理想的な増量であり、事実、この二場所で元の出足の鋭さを失っていないことをまざまざと見せ付けました。
立会いから主導権を握ることが多くなったことで、以前は(主に上位対決で)墓穴を掘った巻き替えも大きな武器になりました。


しかし、これからは逆に「体重を増やさない勇気」を持ってもらいたいと思います。
体を大きくして力負けしなくなったことで、体重依存がエスカレートする力士を今までに何人も見てきました。
そういう力士は皆出足が鈍り、自分の体重を支えられず簡単な引き技に落ちるなど、散々でした。
あの大横綱貴乃花でさえ、無理な増量で動きが鈍りその上内臓を壊してしまい、全盛期から一転長く低迷することになりました。

鶴竜は、見る限り今がベストの体重だと思います。稀勢の里や琴奨菊は重すぎです。今はハワイ勢のような出足も突き押しも反則級の超大型力士もいない訳ですし、身長マイナス30キロ(目安)ぐらいあればそうそう力負けすることは無いはずです。
何より、体重よりも出足の鋭さが重要であることは日馬富士が証明しています。まあ、体重が増えるのも力士の才能であり、日馬富士は長年そのことで苦しんでいるのですが…


さて、これから3横綱時代を迎えるわけですが、それぞれが全くタイプの違う力士であり、非常に興味深いです。

白鵬は入幕時からとにかくスケールの大きい相撲で、若い頃はその大きな体から強引な相撲が目立っていました。
今でもとったりや小手投げで決めにかかることがありますが、それは当時の名残でしょう。時には足まで飛ばす器用な力士です。

彼は体→技→心と極めて横綱になりました。

日馬富士は細身ながら闘志溢れる相撲ぶりで、正直、僕は往年の名脇役である貴闘力のようなポジションで長く活躍する力士だと思っていました。
それがあれよあれよと言う間に横綱昇進。立ち居振る舞いの面で朝青龍・白鵬という先輩横綱(特に前者)の悪い影響を受けながらも、立会い一閃で大型力士を圧倒する相撲は魅力的です。

彼は心→技=体と極めて横綱になりました。

鶴竜は白鵬の「体格」や日馬富士の「覇気」といったような抜きん出た武器はなく、コツコツと努力を重ねて強くなった力士です。しかし、研究熱心で豊かな運動神経を感じさせる動き、前さばきのよさといった技術面は早くから光っていました。
また、他のモンゴル出身の横綱たちに比べると非常に大人しく、先述のようにメンタル面でたいへん苦労しました。

彼は技→体=心と極めて横綱になりました。


このように、同じ横綱でも全く違った道を辿ってきているのです。
もちろん「心技体を極めた」と言っても、それぞれが持つ能力は異なりますから、当然その中で多寡はあります。
仮に「横綱になるために必要な心技体」を、それぞれが100として現時点の3力士(+α)を数値化するなら

白鵬=心120 技150 体200
日馬=心200 技120 体100
鶴竜=心100 技150 体150

(番外)
朝青=心180 技150 体150
稀勢=心70  技90  体170

といったところでしょうか。
具体的にデータを取った訳ではなく、あくまで僕の印象ですので、あまり深刻に受け止めないで下さい。
また、この数値を足して一番高い力士が一番強いと言っている訳でもありません。
現実には数字に現れない沢山の要素が絡んできます。テレビゲームのようにはいきません。

とにかく、同じ横綱でも全く趣が異なるのです。

世間的には「またモンゴル出身の横綱が増えた」ということで、相撲への関心が益々薄れてしまっているかもしれませんが、個人的には逆にこれから面白くなっていくのではないかな、と思っています。
それは、白鵬の完全独走態勢に日馬富士の爆発力が待ったをかけ、そこにヒタヒタと鶴竜が迫る三つ巴の展開です。
日馬富士は怪我がちで、直接対決を制する力があっても優勝に届かないことが多かったのですが、鶴竜はその点安定感があります。白鵬も簡単には優勝させてもらえないでしょう。


「ふんどしチョンマゲが体をぶつけあう」 と書くとあまり美しくありませんが
カラフルな廻しに、それをポンと叩く音。撒かれる塩に、呼び出しの声…
じっくり見てみると五感の休まらない、中々刺激的な世界ですよ。


僕はかれこれ20年、その魅力に取り憑かれています。


[ 2014/03/27 15:28 ] リアル | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2014年が皆様にとって良い年になることを願いまして、私はスギ花粉が去り桜が咲き始める3月末まで冬眠させて頂きます…



冬眠、したい……



四季の中で圧倒的に冬が嫌いであるボクにとって、11月の終わりから3月中頃までは最もテンションの上がらない時期です。
オマケに9年来の花粉症患者でもあるため、2月、3月はもう最悪です。クソです。


唐突ですが、皆様は冬と夏だったら、どちらを選びますか?
ボクはもう積極的に「夏派」です。冬が嫌いという理由もありますが、それ以上に夏が好きです。
ちなみに、自分の周りは殆ど「冬派」なのですが、その理由は揃いも揃って消極的です。
「だって、夏はどう頑張っても暑いけど、冬は着込めばいいじゃん」


バカめ


冬は何をしたって寒いのだ。
どんなに重ね着をしても、顔や手が寒いじゃないですか。あ、ボク、手袋もマフラーも嫌いです。
感覚点の多い箇所が常に布類に触れている状態がどうも気持ち悪くて仕方ありません。
なので、靴下も嫌いです。これは流石にちゃんと履きますが… でも、自宅では一年中素足です。

あと、何より重い!


4枚も5枚も、それも防寒用に分厚いものを着込むんです。
重いです、体が。動きにくいったらありゃしない…


夏は、もちろん暑いです。35℃とか、アホかと思います。オマケに汗っかきなので、制汗グッズが手放せません。
でも、身軽でいられるのは最高ですね。葉っぱ一枚では流石に足りませんが、ポロシャツにショートパンツで過ごせる快適さ…譲れません。


あと、夏は五感を刺激されるのが良いですね。特に目と鼻、次いで耳。自然を感じられます。通り雨の後の独特なにおいとか、好きです。
虫の羽音とか、いいじゃないですか。一日に一回ぐらいゾワッとしておくもんです。うん、イヤですね。
でも、それがいい。

冬って、虫は死んで、殆ど植物も枯れちゃって、視界が寂しいんですよね。茶色。大体茶色。グレーと茶色。
この点については雪が全然降らない関東圏に住んでるせいです。でも、雪が降ったらいよいよ白一色ですよね。

もう一つ言えば、湿度が低いのも好きじゃないです。しっとりと生きたい。



寒いし、乾燥してるし、何かウイルス沢山飛んでるし…
こんな、ただでさえ罰ゲームみたいな時に受験なんぞをやらせる教育機関は相当な悪人です。間違いありません。
入試本番を控えている時にまさかこんな受験はおろかトリビアの種にすらならないサイトを見てる筈はないと信じていますが、受験生の方は風邪など引かないようお気をつけください。




話が脱線しましたが、とにかく思いつくだけでもこれだけの冬disが出てきました。
ボクがいかに冬が嫌いか、分かって頂けたと思います。




でも、食い物は美味いんだよなぁ…



中々罪なヤツです、冬。
毎日の昼飯です●家のメガ盛ぐらいの量を食べる自分にとって、飯が美味いことはすなわち幸せなのです。デリシャス イズ ハピネス。
今年の三が日も、お雑煮の餅を毎朝5つ食べてました。餅って何であんなに美味しいんでしょうか…
案の定、正月明けで体重が2キロ増えてしまいました。デブか


あとは、空気が澄んでるので夜空が綺麗ですね。
ZARDの「星のかがやきよ」を聴くなら、ホテらすネツタイヤより今の季節のほうがイイと思います。



あれだけサゲておいて、後になってちょっぴりアゲる。
回りくどいですが、とにかく今年も四季に振り回されながら過ごしていきたいな、ということです。
最近、秋が益々小さくなってきましたが…



[ 2014/01/24 02:42 ] リアル | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。